エアリエルコート

世界初の技術でご提案!

「光触媒+酸化銀(Ag+)」による、
室内の光触媒コーティング!

健康は、
キレイな空気から!

インテリアもカーテンも家具も大切です。しかし一番大切なのは家族の健康です。
1日に約20,000回以上もする呼吸。
キレイ室内環境未病へとつなげたい。
私たちは、そう考えています。
また、毎日の水回りのお手入れは意外と重労働です。
カビや汚れを軽減し、快適な空間に!

こんなお悩みありませんか?

  • 抗菌

    インフルエンザやノロウィルス
    などの空気感染
  • 防カビ

    せっかくの新築やリフォーム
    浴室などのカビが心配
  • 消臭

    アンモニア臭、動物臭
    タバコの臭いが気になる
  • 浄化

    外気のように循環しない
    室内の空気汚れが不安
エアリエルコートの
光触媒コーティングで解決しましょう!

光触媒コーティングをおすすめする理由!

光触媒とは、太陽光などの光を吸収することで化学反応をおこす触媒のことをいいます。
光触媒コーティングはチタンと酸素の化合物である酸化チタンを利用し、
光をエネルギーにして有害物質を分解、消臭、無害化します。
光触媒コーティングを施工することにより、活性酸素が有害物質を分解し、汚れの付着力を弱めます。
さらにタバコやペットの臭いや、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどの有害ガスを分解します。
室内の空気を清潔に保つことで、
ご家族に健康にも貢献します。

エアリエルコートという光触媒

エアリエルコートは光触媒の効果を室内で発揮できるように、酸化銀(Ag+)を結合させ、
光触媒+酸化銀(Ag+)による殺菌効果により、
一層みなさまのご生活の快適・安全・安心をご提案できるようになりました。
お住まいの『仕様、効果、コスト』に合わせて濃度・アイテム・工程なども
組み合わせていきますので最適なご提案が可能です。

エアリエルコートは今までのコーティング剤の倍以上の「光触媒+酸化銀」の濃度により、
効果を飛躍的に向上させました。

酸化チタンの表面に光があたると活性酸素を生成し、有害な有機物などを無害な水と
二酸化炭素に分解します。
光触媒自体は、分解作用等で消耗しないので、長期的効果が期待でき、酸化チタンに
付着している銀により、光触媒作用を増長させ、暗い場所でも効果が持続します。

  • 抗菌効果
  • 防カビ
    効果
  • 消臭
    脱臭効果
  • 空気浄化
  • 防汚効果

光触媒の安全性

光触媒反応を起こす素材、光触媒(二酸化チタン)はアメリカでは1968年、日本では1983年に認可され
食品添加物としても使用されている、極めで安全な物質です。
食品の白色着色材や、口紅、ファンデーション、歯磨き粉、など一般家庭で広く利用されています。

DATA

人体に対する
安全性の試験結果

財団法人 日本食品分析センター
  • 急性毒性試験(経口マウス)
  • 眼刺激性試験(ウサギ法)
  • 皮膚一次刺激性試験(ウサギ米国法)
  • 皮膚感作性試験(Maximization 法)
  • コロニー形成阻害試験(培養細胞)
  • 変異原性試験(AMES テスト)
財団法人 日本缶詰検査協会
  • 最小発育阻止濃度算出 大腸菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • 緑膿菌
  • MRSA
  • 厚生省公示 20 号試験 (食品容器安全性)
社団法人 日本毛髪科学協会
  • 皮膚に対する刺激性試験(パッチテスト)
韓国消費科学研究センター
  • 小核試験

除菌性の試験結果

試験機関 菌の種類
(一社)京都微生物研究所 大腸菌
黄色ブドウ球菌

抗菌性の試験結果

試験機関 菌の種類
財団法人 日本食品分析センター インフルエンザウイルス A型(H1N1)
大阪府立産業技術総合研究所 カンジダ菌
東京都立食品技術センター 緑膿菌
東京都立食品技術センター サルモネラ菌
財団法人 日本食品分析センター 大腸菌
財団法人 日本食品分析センター 黄色ブドウ球菌
財団法人 日本食品分析センター MRSA
(一社)京都微生物研究所 大腸菌
(一社)岐阜県公衆衛生試験センター 大腸菌

消臭試験結果

試験機関 安全性試験項目
財団法人 日本紡績検査協会 室内消臭
・アンモニア・酢酸
濃度別消臭性試験
・ホルムアルデヒド
上海市建築材料及構件質量監督検験站 室内空気中有害物濃度
TVOC
財団法人 日本食品分析センター 空気清浄機のフィルターに塗布
(アンモニア・酢酸・アセトラルデヒド)

家中すべてに安全で
高い効果を発揮します

人にも環境にも優しい
3つのポイント

01
安全性

主成分の酸化チタンは、食品、化粧品に使われている安全物質です。ハミガキ、ホワイトチョコレート、ファンデ―ション等にも使用されており、人体への悪影響は全くありません。

02
経済性

太陽光や蛍光灯の光のエネルギーと水分だけで反応するため、資源的にも豊富な上、エネルギーの消費が少なくすみますので継続使用の消臭剤などとは違い、低コストを実現します。

03
強い分解力

公的機関による、様々な試験で高い評価を受けています。エアリエルコート(光触媒+酸化銀Ag+)は高い分解力で、有機化合物を水や二酸化炭素に分解し、効果を持続します。

お客様からの声をご紹介

ウィルス対策とカビによる過敏性肺炎の予防として採用しました。

インフルエンザ、O-157、ノロウィルス、カビなどをエアリエルコートで撃退してくれるので、室内の衛生面が、はるかに向上します!

家の中は意外にカビが発生しやすい。とくにランドリールームと北側の部屋が発生しやすい。と聞いて対策のためお願いしました。

部屋干しの臭いは本来カビの餌です。そのカビの餌が吸着した衣類をそのまま着用すると皮膚への負担も大きくなります!

自分たちではほとんど気にならなかった臭いですが、遊びにきたお客様に言われて初めて気が付きました。

雨季には特に臭いが充満してこもりがちです。日常生活しているご家族では、なかなか気が付きにくいもの。エアリエルコートの消臭効果で、ストレスも軽減します。

花粉症の私は朝目覚めた瞬間から目や鼻がつらかったので、少しでも軽減できればと思い、採用しました。

感じ方に個人差はありますが、ウィルス等を低減させるため、花粉症や科学物質過敏症(シックハウス)にも効果が期待できます。また、喘息やアトピーの原因になるハウスダストも削減できます。

解決した事例

臭い

  • タバコ
  • 葉巻
  • ペット臭
  • お香
  • アロマオイル
  • 香水
  • アンモニア臭
  • エアコンのカビ臭
  • 浴室のカビ臭…

汚れ・シミ

  • タバコのヤニ
  • 換気扇の油汚れ
  • カーペットのシミ
  • フローリングの床
  • 大理石の床
  • バスタブの裏
  • 各所のカビ…

ABOUT US

私どもの取り組み

1900年代前半から機械化や製品の大量生産に伴い、現在の近代化への道を歩みだし、
現在の私たちの生活はとても豊かになり利便性も向上しました。
ただし、近代化が及ぼした影響として、地球温暖化、CO2問題、オゾン層破壊、森林破壊、ごみ問題、
水質汚染、シックハウス症候群といった事が毎日の新聞やニュースで取り沙汰されているのも
現実的な問題となっております。

「仕事を通じて、人や環境のお役に立てることは出来ないか…」

との考えのもとに会社を設立いたしました。

将来を背負う子孫たちは今より一層環境が悪化している状況で私たちから環境のバトンを受け取ります。
子孫たちの安全な生活を
今から考える事は必須かと存じます。

健康、安全、安心

「健康・安全・安心」の視点で将来を担うお子様から地球規模のエコを原点に考えられた
「地球・人・環境」に優しい商品を
ご提供させていただきます。

会社概要

社名 株式会社 アリエル
所在地 〒235-0008
神奈川県横浜市磯子区原町3-12-1
事業内容
  • エアリエルコート(光触媒+酸化銀Ag+)の施工
  • オゾン加工
  • 住宅メンテナンス商品の販売
創立 平成26年7月
取り扱い商材
  • エアリエルコート:ウィルス、細菌、カビ、臭い、防汚効果による環境改善
  • オゾン:除菌、殺菌による原状回復(リセット効果)
  • エアリエルコート及びオゾン発生器の販売
工事環境 保育園、幼稚園、介護施設、ペット関連、動物病院、個人宅、会社、複合施設
加盟・参加組織
取引先
  • 株式会社ナノウェイブ
  • 株式会社キン・ダイ

エアリエルコート施工価格

塗布面積に対して ㎡/1,000円 (100㎡未満は別途諸費用35,000円かかります)

エアリエルコートNW(ナノウェイブ)
光触媒工業会認証アイテム

“アパタイト被覆二酸化チタン”の開発

  • アパタイトは、歯(エナメル質の95%)や、骨(65%)を構成する物質
  • 二酸化チタンに被覆することによって、基材を分解しない
  • 光が当たらない場所でも、におい・菌・ウイルスを吸着
  • 2009年、(独)科学技術振興機構と(独)産業技術総合研究所により、共同開発(特許 第3975270号)
  • 弊社は、(独)産業技術総合研究所所有特許の通常実施権を取得し、実用化に成功

“ハーフメタル® 技術”の
開発

  • これまでの可視光型光触媒は、再加熱を必要としたり、高価なレアメタルを使用するため、高価格となり普及を阻害
  • 弊社(ナノウェイブ)では、光触媒製造工程中に、鉄・銅などのメタルをドープさせる技術を開発
  • 安価で地球上豊富にある金属を使用することにより、加熱もせず、燃料コストもかからず、製造工程での環境負荷も少ない
  • さらに、「アパタイト」と「酸化チタン」を適正に組み合わせる技術により、本来持つ性能を落とすことなく、粒子径を調整することに成功
  • 可視光抗菌
    ウィルスデータ

  • 可視光抗菌力
    データ

LINK